東京で暮らす女のとりとめのない日記

暮らしとカルチャー、ミクスチャー

2021年 読んだ漫画振りかえり

もう2022年になってだいぶ経つけれど、年末年始じゃないと去年のことを振り返れないなんてルールはないもんね。ということで今年も2021年に読んだ漫画を振り返っていきます。ネタバレを含む感想もあるので、回避したい人にはおすすめしません。ところどころ…

美味しい暮らし #2月編と今後の更新のお知らせ

忘れられない2月になりそうだ。何をしていてもウクライナのことが頭をよぎって胸がざわつく中で、久しぶりに行った喫茶店のテーブルに飾られていたガーベラがかわいかったとか、そういうことにばかり助けられ、そんな自分を不甲斐なく思う。 ・2022年2月のバ…

日々に寄り添う誠実なおいしさ 「会津のべこの乳」に対する愛を伝えたい

はじめに 福島といえば酪農カフェオレが有名だが、実は福島の人なら誰でも知っているもうひとつの乳製品がある。それが今回紹介する「会津のべこの乳」だ。 その美味しさに開眼したのはまだ子どもだった頃。毎年年始になると、会津の親戚が贈ってきてくれる…

アニメ「平家物語」がめちゃくちゃ面白い

今年の1月から始まった平家物語がめちゃくちゃ面白い。学生の頃に古典の授業で「祇園精舎の鐘の声…」を暗記したあの話が、こんなに味わい深い物語だったなんて。まだ2022年が始まったばかりだけど、今年一番面白いアニメだと思う。 あらすじ ざっくり感想 四…

干し鱈の滋味がしみわたるプゴクで朝食を 東銀座「たらちゃん」

最近ひとりで朝食を食べることにハマっている。感染リスクが少なくて、静かに美味しいご飯を食べられる場所を探した結果、早朝の人がいない時間帯のお店に行って、黙々と朝ごはんを食べるのがいい気晴らしになることに気がついた。 最近気に入っているお店の…

2021年度 振り返り

新年快楽。毎年1月は正月というイベントをこなすのに必死なためか、2月に入ってからのほうが年明けを実感する。中国にルーツのある同僚たちが次々と休み始め、社内に冬休みムードが漂うのもそう感じさせる一因かもしれない。今年度の仕事も見通しがついてき…

冬の福島旅#4 猪苗代湖のしぶき氷と真冬の鶴ヶ城

流石に朝から湯巡りをしすぎたせいで湯疲れしてしまったので、運転は夫にバトンタッチ。助手席でうとうとしていると、いつの間にか道の駅猪苗代についていた。 食べたのは喜多方ラーメン。以前この道の駅でお蕎麦を食べた時も思ったけれど、いちいち食事が美…

冬の福島旅#3 安達屋旅館のすばらしい朝食とプチ湯巡り

朝起きると時刻は6時。貸切内湯の「ひめさ湯り」の開放時間は6時45分まで。空いていますようにと祈りながら急いで内湯に向かう。入り口にたどり着いて、空いていることを示す札がかかっているのを確認し、ノックして誰も入っていないことを確かめる。札を入…

冬の福島旅#2  安達屋旅館で旅の疲れを癒す

用事を済ませ、宿に着いたのは夕方をとっくに過ぎた頃。あわててチェックインへと急ぐ。 慌てすぎて旅館の正面写真を取り忘れ。翌朝出ていく時に撮影した。 エントランスに入ると正面に生花が飾られてあった。お花の存在に少し落ち着く。 向かって左手がフロ…

冬の福島旅 #1  東北道を通って大内宿、只見線第一橋梁へ

やっと実家に帰省する目処がついた冬の日。それでもまだ家に泊まることは躊躇われたので、宿をとって久しぶりの故郷を散策することにした。周囲の目というよりも、家族の体調があまり良くなく、万が一のことを考えて。 東京を朝の7時半に出て福島を目指す。…

宇多田ヒカル「気分じゃないの (Not In The Mood)」を聞いたらD'angelo「Shit, Damn, Motherfucker」が聴きたくなった

はじめに やっと宇多田ヒカルのアルバム『BADモード』を聞くことができた。ビートとグルーヴ感が今までで一番気持ちいいアルバムで、気がつけば1日中こればかり聞いている。特に「気分じゃないの (Not In The Mood)」では静かに曲を牽引するドラムが心地よ…

結婚して変わったこと

結婚してよく聞かれるのが「結婚して変わったこと」なんだけど、最近ふとこれについて思うことがあったので残しておこうと思う。 長い自粛期間を経て例に漏れず私も韓国ドラマにハマった。トッケビ、キム秘書はいったいなぜ、愛の不時着、スタートアップなど…

美味しい暮らし #12月編

今年ももうすぐ1週間が過ぎようとしていて、その時間の速さに驚きます。ぼやぼやしていたらあっという間に1年が経ってしまいそう。光陰矢の如しな日々ですが、目先の物事ばかりに追われず、今年も美味しいものとその空間を楽しむ余裕を持てますように。ひと…

美味しい暮らし #11月編

11月は長らく続いた緊急事態宣言が解除されて、やっと心から外食を楽しむことができた月でした。出歩ける喜びが大きかった分、記事の記載ボリュームも多めなので、お暇な時にどうぞ。そんな11月を振り返ります。 時間を気にせずお酒もご飯も楽しめる喜び 幡…

11月の楽しかったこと

故郷の山に登る 夫と一緒に故郷の山に登った。登ると言ってもロープウェイで運ばれるだけの楽ちん登山だけど。ちょうど昨日雪が積もったばかりらしく、チケット売り場のおじさんが懐かしいなまりで「見るとこもあんまねぇし、100円引きにしときますから」と…

なぜ妖怪は生まれるのか? 「ホー・ツーニェン 百鬼夜行(原題: Night March of Hundred Monsters)」

今年の10月から来年の1月末までホー・ツーニェンの新作が展示されると聞き、このチャンスを逃したらもう観れないかもしれないと、愛知県にある豊田市美術館へと向かった。 天気は晴れ時々曇り。セーター1枚で過ごせるようなあたたかい日で、散歩にはぴった…

小麦粉セラピー

金曜の夜。久しぶりに定時で仕事が終わったので、夕飯は普段作らないようなものを作ろうと決めた。早速キッチンに向かうと使いかけの強力粉と薄力粉、そしてドライイーストが目に留まった。3回目の緊急事態宣言下で購入し、その時は夢中で水餃子や肉餅を作…

美味しい暮らし #10月編

やっと元の更新頻度に追いついたぞ。10月は長らく続いた緊急事態宣言が解除されたこともあって、久しぶりに外でご飯とお酒を楽しむことができた月。同時に選挙があって、暮らしと政治の関わりを静かに見つめ直した月でもありました。そんな10月を振り返りま…

美味しい暮らし #9月編

残暑が続いていた9月。それでもふと気づくと金木犀の香りがしたり、木葉が色づいたりと秋の気配はすぐそこにあって、身近なものから夏の終わりを感じました。 外で食べたもの バンダラランカ スリランカ カレー シヅカ洋菓子店 焼き菓子いろいろ 蕪木 コーヒ…

箱根ポーラ美術館で静謐な孤独に出会う ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?

先週末、箱根にあるポーラ美術館に行ってきた。9月から始まったロニ・ホーン展「水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?(原題:When you see your reflection in water, do you recognize the water in you?)」をずっと見たかったのだ。 www.…

緑が生い茂る部屋でチルする週末 HAMACHO HOTEL宿泊記

去年の9月ごろ、仕事終わりの金曜から週末にかけて都内でホテルステイをしていた。2019年以降、都内では東京五輪のインバウンドを見込んでホテル開業ラッシュになったこともあり、安価なものからラグジュアリーなものまで選択肢が豊富にある。いろいろなホテ…

投票に行ってタコスを食べた日

10月31日は衆院選の投開票日だった。朝イチで起きて投票会場へ行く。会場に入る前にどの候補者に入れるのかメモをした内容を読み返す。いつも投票用紙を受け取る時は緊張するし、書いている時は間違ってないかと何度も用紙を確認してしまう。その分ひととお…

美味しい暮らし #8月編

はじめに 夏を感じる間もないままに、あっと言うまに過ぎていってしまった8月。旬の食べ物がある食卓の風景から、ささやかな季節を感じ取っては慰められた月でした。そんな8月を振り返ります。 はじめに 外で食べたものあれこれ 帝国ホテル リサとガスパール…

もう季節は秋

昨晩の地震で神経が昂っているのか、変な時間に目が覚めてしまった。慌てる夫を尻目に「大丈夫だよ」と呑気に構えていたものの、それなりに不安だったということだろうか。東日本大震災の震度6強の揺れを経験したせいか、震度5程度の揺れだと驚かなくなっ…

週末は帝国ホテルで

初秋の折、思いがけず帝国ホテルに泊まる機会を頂いた。帝国ホテルは2024年から建物の老朽化に伴って改装に着手すると聞いていたので、その前にぜひ宿泊してみたいと思っていたところだった。現在稼働している新本館の設計はホテル建築で名高い高橋貞太郎が…

美味しい暮らし #7月編

はじめに 月の半ばから緊急事態宣言が発令された7月。私も夫も仕事が忙しく、振り返ると家で作った料理の記録が残っていませんでした。確かこの時はふたりとも作り置きのおかずや冷凍ご飯、はたまたお惣菜をそれぞれ自分の食べる分だけ用意して食事をするス…

東京ステーションギャラリー「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」がとてもよかった

はじめに 週末、久しぶりにギャラリーへ出かけた。目的は東京ステーションギャラリーの「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」を見に行くため。ゴールデンカムイを読み始めて以来、アイヌ文化を学ぶ機会があればぜひとも参加したいと思っていたの…

異国の味、東京の味

こうも自粛期間が長引くと、流石に自炊の味にも飽きてきて困ってしまった。気晴らしにピークタイムを避けてどこかに孤食へ行こうにも、近場で通し営業をしていたお気に入りの店は軒並み営業時間を短縮してしまい、感染症対策がかえって密な時間を生み出して…

美味しい暮らし #6月編

はじめに 今年の6月は例年より暑く、それが生活にも影響していたような。そんな6月の暮らしを振り返ります。 はじめに 外で食べたものあれこれ カネ十 焙じ茶ラテ 新宿高野 フルーツショートケーキ 老松 夏柑糖 佐藤錦 作った料理あれこれ 小堀紀代美 ハム…

迎え火と送り火

結局今年のお盆も実家に帰ることを断念し、やり場のない郷愁だけがこころの仄暗いところへと降り積もっていった8月。今年こそ会えるかもしれないと期待に胸膨らませていた親族たちに、それでも帰らないと言うことがこんなにつらいとは知らなかった。しかし…